トップ > 学校基本情報 > 学校経営計画

Ⅰ 教育目標

  1. 自己の個性を伸ばし、意欲的に学び続ける人間の育成
  2. 自主自立の精神を持ち、社会の発展に寄与する人間の育成
  3. 心身ともに健康で、心豊かなたくましい人間の育成
 

Ⅱ 教育方針

  1. 人づくりの基となる生活基盤を確立し、心身ともに健康な生徒を育てる。 
  2. 将来の自分を創造する力と、自己実現のため自ら考え行動する力を育てる。 
  3. 学ぶことの楽しさと大切さを実感できる学習指導を展開する。 
  4. 自律の心を養うとともに、社会性や協調性のある生徒を育てる。
 

Ⅲ 経営方針

  1. 家庭や地域への情報発信と交流に努め、信頼される学校づくりを進める。
  2. 社会の変化と多様な生徒のニーズを踏まえ、定時制・通信制の特性を生かした魅力ある学校づくりを進める。
  3. 高い倫理観と規範意識を持ちながら、教員としての資質向上に努める。
 

Ⅳ 両課程共通の重点目標

  1. 学力向上とキャリア教育の充実 

    • 進路目標達成に向けた基礎力の定着と学力向上を図る。 
    • 探究型学習に関する研究・研修の機会を設定し、具体的な実践につなげる。 
    • 社会的・職業的自立に向けた人間力・社会性と、健全な職業観・勤労観の育成を図る。 
    • 「定時制通信制課程における支援・相談体制の構築」に取り組みながら、進路意識の高揚と進路指導の充実を図る。
    • 相談活動や各種講座を計画的に実施するなど、粘り強い指導を通して、卒業予定者の進路決定率を向上させる。
    • 「進路ハンドブック」の有効活用を図る。

  2. 生徒指導の充実 

    • 自己有用感を高めると共に、生命の大切さや人格を尊重することの意味を伝えながら、他を思いやる心を育む。 
    • 本校の「いじめ防止基本方針」を踏まえた取り組みを、保護者・関係機関等と連携して推進し、いじめに対する教職員の共通認識を図るとともに、日常的かつ継続した生徒理解・観察に努め、いじめを許さない・起こさない指導を行う。 
    • 生徒を取り巻く環境の変化を踏まえたテーマによる研修等を実施し、生徒指導力の向上を図る。

  3. 社会性の育成

    • キャリア教育や特別支援教育の充実、「総合的な学習の時間」の活用により、ライフスキル・ソーシャルスキルを身に付けさせる。
    • 学習活動や読書活動を通して、社会に参加して自ら判断できる主催者として必要な資質を養う。

       

  4. 特別支援教育の推進          

    • 本校独自の支援のあり方について検討を加ながら、特別支援教育の充実を図る。 
    • 希望のつばさ支援委員会を中心に、個別の支援計画や支援プログラムを作成する。 
    • 授業のユニバーサルデザイン化について、実践・研究を継続する。

  5. 保健衛生・安全管理指導の充実          

    • 生活の基盤となる健康管理について指導するとともに、家庭や医療相談機関等との連携を図る。 
    • 危機管理体制を整備して安全意識やトラブル回避能力を高め、災害・事故防止を図る。 

  6.危機管理体制の整備 

    • 危機管理マニュアルが本校の施設・設備や情報化に対応しているか検討し、必要に応じて改訂する。 
    • 防災や不審者対策を中心とした職員・生徒の訓練や研修を実施する。 
    • 問題行動等を起こす生徒への指導と対応のあり方について検討する。

  7.生涯学習講座の運営 

    • 条件整備を行い、生徒が参加しやすい体制をつくる。 
    • 講師陣の充実を図り、魅力ある講座内容とする。 
    • 生涯学習サポート会等の意見を踏まえながら、講座内容やあり方、周知の方法等について検討する。
 

Ⅴ 各課程の重点目標

【定時制の課程】   
  1. 確かな学力の育成   
    • 生徒の授業評価を生かした授業改善に取り組む。    
    • 学習への興味・関心を喚起し、授業に取り組む姿勢づくりを推進する。    
    • 各教科年1回の研究授業を実施し、その成果を授業改善につなげる。    
    • 「総合的な学習の時間」の学習成果発表会を、内容を検討しながら実施する。
    • 社会の変化や生徒のニーズを踏まえた教育課程のあり方に関する検討を、継続して進める。
  2. 生き方に迫る進路指導の充実     
    • 将来を見通した進路目標の明確化と、早期の目標設定を図る。    
    • 自主教材「キャリア教育の手引き」の一層の活用を図る。
  3. 心に響く生徒指導の推進  
    • 学校行事やホームルーム活動を通して、個性を磨くとともに協調性を涵養する  
    • 生徒会活動や部活動、ボランティア活動への積極的な参画と充実を図り、自主性と責任感を育む。  
    • 日常的な生活指導を徹底し、社会の一員としての高い規範意識とマナーを身に付けさせる。    

【通信制の課程】    

  1. 確かな学修の保障    
    • 生徒自身が学習計画を作成できるように、「シラバス」等の活用に加えて、具体的な手立てを工夫する。    
    • 添削指導・面接指導のあり方について検討しながら、意欲的・継続的に学習に取り組ませ、単位修得率の向上を図る。    
    • 学習報告書の内容に関する実践的な検証を進め、常に見直しを図っていく。
    • 基礎力アップ学習会「霞城塾」への積極的な参加を促すなど、効果的な学習支援のあり方について検討する。  
  2. 生き方に迫る進路指導の推進    
    • 自らの適性や能力を高めながら、卒業後の進路について設計できる力を身につけさせる。    
    • 進路情報を適切に提供し、進路目標の設定とその実現に向けた指導を継続的に行う。
  3. 心に響く生徒指導と特別活動の充実    
    • 学習環境の整備及び美化を図る機会を設けるなど、日常的な生活指導を徹底し、社会の一員としての高い規範意識とマナーを身に付けさせる。   
    • 学校行事やホームルーム活動への積極的な参加を促し、他者との関わりの中で自己を表現する力を身に付けさせる。    
    • 生徒会活動や部活動、支部活動への積極的な参加を促し、体験を積ませることで自己有用感を高める。    


 


 

カウンタ

COUNTER781201

QRコード