作詞

 作詞は、校歌作成委員会の近江 正人委員(当時新庄北高教諭、元新庄南高校長)の候補作品4編のうち「ぼくらの問い」を改題・改作したもの。

 

作曲

 作曲は、音楽活動と大学院での学びとを継続されていたということで、小椋 佳氏に依頼。

 

校歌のコンセプト

 コンセプトは、自分らしさの核を探し、育てる学校にふさわしい愛唱歌というものだそうです。

 

校歌 『明日(あした)への問い』

川は泡立つ 青い水底(みなそこ)
何を静かに 育てているのか
風は広がる 野と丘に満ち
何を抱えて走ってゆくのだろう
見えない明日に 望みをたくし
空を仰げば いさぎよく
星たちはあざやかに 燃えおちてゆく
だれも教えてくれない問いを
勇気を出して さがしにゆこう
いま おおらかに瞳をひらき
希望のつばさ広げよう
さあ 未来から風がくる
この風にのって飛ぼう


虹はかかるよ 空と地むすび
何を夢見て 消えてゆくのだろう
雪は吹雪くよ 静かな夜に
どんな願いを降らせているのだろう
夢見るだけなら はかなく過ぎる
日常という名の 砂時計
人生が思い出に 溶けてゆくなら
つよく求める情熱だけが
確かな私の 手がかりだろう


いま おおらかに瞳をひらき
希望のつばさ広げよう
さあ 未来から風がくる
この風にのって飛ぼう
* くりかえし

 

聴いてみよう!

校歌(混声四部合唱)
   WMAファイル(モノラル1.85MB)

作曲者 小椋 佳 氏からのメッセージ
   WMAファイル(モノラル762KB)
 


 

カウンタ

COUNTER781582

QRコード